インフォテリアが東証マザーズに新規上場--初値つかず

瀬井裕子(編集部) 2007年06月22日 17時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフォテリアは6月22日、東証マザーズに新規上場した。初日の取引では初値がつかず、公開価格6万円の2倍となる12万円の買い気配で終えた。

 6000株を公募し、1504株を売り出している。

 インフォテリアは、XML技術をベースとしてシステム連携を行うパッケージソフト「ASTERIA WARP」の開発と販売を行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?