日本HPとサンモアテック、バッチ処理向けJavaフレームワークで協業

ニューズフロント 2007年06月25日 20時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とサンモアテックは6月25日、メインフレームのバッチ処理をHP-UXおよびJavaベースのシステムに移行させる事業で協業すると発表した。

 両社は、Itanium 2プロセッサ搭載の「HP Integrity」サーバおよびUNIX OS「HP-UX」を、サンモアテックのバッチ処理用Javaフレームワーク「sunbatch」と組み合わせ、バッチ処理高速化システムとして提供していく。

 sunbatchのHP-UX版の提供を始めるため、両社は共同検証を実施し、「従来のものよりもさらにパフォーマンスを向上させた製品を顧客に提供する準備が整った」とする。

 今後、日本HPはsunbatchを採用していく。一方、サンモアテックはHP-UXをsunbatchの推奨プラットフォームとする。また、コンサルティングや提案活動、広告展開、ワークショップ、セミナー、カタログ製作などでも協力する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!