mixiのシステム、海を渡る? MySQLの事例に

大野晋一(編集部) 2007年06月25日 22時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2004年2月にサービスを開始、わずか3年3カ月で1000万人以上のユーザを獲得したmixi。日本を代表するソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のシステムがMySQLの事例記事としてMySQL ABのサイトで紹介されている。

 MySQL ABでは、MySQLのスケーラビリティを実証すべく「The 12 Days of Scale-Out」と呼ばれるキャンペーンを展開していた。mixiの事例はこの「番外編」のような形でDay Twelveの後に紹介されている。

 MySQL ABによる事例記事の中ではmixiのシステム構成にも触れられている。同社はMySQLのマルチ・マスター・システムとパーティショニング機能を使ってスケーラビリティを実現している。パーティショニングについては、ユーザタイプに基づく垂直方向とテーブルタイプによる水平方向の2つで分けられている。また、データベースの負荷低下とパフォーマンス向上のためにmemcachedも採用している。

 こうしたシステムにより、mixiは安価なハードウェアでスケーラビリティとハイパフォーマンスを達成、毎月新しいハードウェアを追加しながら継続的な拡張が可能となっている。

 記事によれば同社も当初は高価なプロプライエタリソフトウェアを購入できず、コスト面からMySQLを選択したようだ。また、構成もシングルマスター/マルチスレーブタイプのスケーラビリティに乏しいものだった。しかし、MySQL K.K.とも連携しながら、現在では「2年間問題なく走り続けている」という安定かつ、低コストでスケーラビリティとパフォーマンスを両立させたシステムを実現している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!