ダブルクリック、ウェブサイト分析ソリューション「Omniture SiteCatalyst」をNIKKEI NETに導入

CNET Japan Staff 2007年06月25日 22時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダブルクリックは6月25日、日本経済新聞デジタルメディアが、同社が運営する「NIKKEI NET」において、ASP型ウェブサイト分析ソリューション「Omniture SiteCatalyst(オムニチュア サイトカタリスト)」を導入。2007年7月より本格稼動することを発表した。

 SiteCatalystは、大規模サイトのリアルタイム分析で実績を持ち、複雑な分析要件も、予め設定することでダッシュボード上の定型レポートや配信メールによって分析結果を共有することが可能なASP型ウェブサイト分析ソリューション。

 日本経済新聞デジタルメディアは、SiteCatalystを導入することで、NIKKEI NETのアクセスの分析作業を軽減すると共に、分析数値の信頼性を向上させることを目指している。

 ダブルクリックでは、SiteCatalystに加え、すでに利用されている「DART Enterprise(ダート・エンタープライズ)」により、NIKKEI NET事業の拡大を支援する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?