ソフトブレーンの「eセールスマネージャー」導入で業務改革と収益アップを目指す三洋電機

CNET Japan Staff 2007年06月25日 22時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトブレーンは6月25日、同社の営業業務効率化を支援するサービス「eセールスマネージャー」を三洋電機 事業開発本部(大阪府守口市)に導入し、本格稼動したことを発表した。

 三洋電機 事業開発本部では、環境ビジネス、ドキュメントビジネス、IT/通信ビジネス、保険代理ビジネスなど、さまざまな事業を展開。今回、営業部門強化の一環としてeセールスマネージャーを採用した。

 eセールスマネージャーの採用により、部署ごとの情報共有のばらつきをなくし、有益な情報を収集、分析できる体制を整えて営業の効率化を実現すると共に、部署間での情報共有による潜在顧客の拡大を目指している。

 同社がeセールスマネージャーを採用した理由は、柔軟なシナリオ設定変更が可能だったこと。同サービスでは、固定化されたプロセスではなく、三洋電機の業務にあったプロセスを1から組み立てることができ、必要な情報だけを効率よく収集することができる。

 また操作が簡単で、リアルタイムに営業担当者のプロセスを確認、分析することができ、早期改善、サービス向上を実現可能。さらに、導入企業の規模や使い方などにより、コストメリットを考え、サーバ導入かASP導入を選択できることなどが評価されている。

 同サービスの導入により、事業拡大や収益アップはもちろん、すべての部署を含んだ全体の業務効率化を推進したい考え。今後は三洋電機 事業開発本部での導入効果をベースに、全社的な取り組みにつなげていく計画という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?