三菱自動車、GXSの「Managed Services」を採用--BtoB電子商取引活用で受発注業務を効率化

CNET Japan Staff 2007年06月25日 22時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GXSは6月25日、三菱自動車工業が、GXSの「Managed Services(マネージド サービス)」を採用したことを発表した。三菱自動車は2007年4月より、欧州の複数の提携先との間で受発注情報や調達情報の交換に同サービスを利用している。

 これまで三菱自動車では、データ変換や通信に必要なソフトウェアを自社の情報システム部門で開発してきた。しかし、初期開発、維持管理や機能拡張に多くのリソースが割かれる点が課題となっていた。さらに国や企業により、フォーマットやプロトコルが異なるため、個別の対応への負担が増大する傾向にあった。

 こうした課題を解決するために三菱自動車では、オンデマンドサービスであるGXS Managed Servicesの導入を決定。ドイツ向け、フランス向けとシステムを稼動し、取引先企業からも迅速かつ正確な情報共有が実現したことが評価されている。

 GXS Managed Servicesの導入により、市販の専用ソフトウェアを導入するのに比べ、年間あたりの負担コストを数分の1~10分の1程度に抑えている。また、自社ならびに提携先の情報システムに一切負担をかけることなくデータ交換と情報共有を実現している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR