携帯向けコンテンツ変換ソフト「x-Servlet」とアクセス解析ソフトが連携

CNET Japan Staff 2007年06月26日 11時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KSKとオーリック・システムズは6月25日、KSKフレックス・ファーム ビジネスユニットの携帯サイト向けコンテンツ変換ソフトウェア「x-Servlet Version 2.6」がオーリックのウェブアクセス解析ソフトウェア「RTmetrics」と連携可能になったことを発表した。

 x-Servletは、NTTドコモ向けiモードコンテンツをすべての携帯電話向けに動的に変換し、携帯電話全機種対応したコンテンツ開発を可能にするツール。RTmetricsは、ブラウザとウェブサーバ間のパケットを解析するマルチキャリア完全対応、PC対応のリアルタイムウェブ解析アプリケーション。

 両製品が連携したことで、高度なマーケティング分析を実現する新機能の実装やYahoo!ケータイのクローラ判別、GPS・簡易位置情報取得対応など、モバイルマーケティングの利便性・機能性向上のための機能追加が行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!