米シスコ、IronPort買収で「自己防衛型ネットワーク」戦略を強化

CNET Japan Staff 2007年06月26日 19時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Ciscoは米国時間6月25日、株式非公開企業である米IronPort Systemsの買収を完了したことを発表した。買収総額は現金と株式を合わせて8億3000万ドル。

 IronPortは、メールとトラフィックの監視サービス「SenderBase」で知られる企業。シスコはこの買収で同社の「自己防衛型ネットワーク(Self-Defending Network:SDN)」戦略に「Wide Traffic Inspection」機能を加える。

 Ciscoは、自己防衛型ネットワークのビジョンとして、ネットワークインフラストラクチャ全体(コアルーティング/スイッチングポートフォリオ内)に保護機能を組み込み、その適用範囲をネットワーク(パケットレベル)からアプリケーションやコンテンツにまで広げることを目指している。

 IronPortのコンテンツセキュリティ技術が加わり、ネットワークにコンテンツ解析機能を統合することで巧妙な脅威を阻止し、主要なアプリケーションプロトコル、エンドポイント、そしてネットワークそのものを保護するWide Traffic Inspectionの提供が可能になるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから