ソフトバンクテク、IPSアプライアンス「TippingPoint」取り扱いを開始

CNET Japan Staff 2007年06月26日 19時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米TippingPointは6月26日、ソフトバンク・テクノロジーと新たにディストリビューター契約を締結し、日本での「TippingPoint IPS」の販売・サポート体制を強化すると発表した。ソフトバンク・テクノロジーは、テリロジーに続く2社目の国内販売代理店となった。

 TippingPoint IPSは、チューニングなしで導入できる手軽さをはじめ、ASIC/FPGAによる高いスループット、自動運用を可能にしたメンテンスフリー機能の採用などに特徴のある不正侵入防御システム(IPS)アプライアンス。価格はローエンドモデルが98万円から。

 TippingPointによると、不正侵入検知システム(IDS)を利用したネットワークの監視サービス(Managed Security Service)から、情報セキュリティ強化とTCO(総所有コスト)のために、自社運用によるIPSが広まっているという。

 ただ、そうした状況では、IPS導入での複雑なチューニング作業やIPS導入によるネットワークパフォーマンスのボトルネック、管理者への運用負荷増大といった課題が出てきているという。TippingPointでは、これらの課題をTippingPoint IPSで解決できるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?