インフォリスクマネージとエアー、メールアーカイビングをSaaSで提供

CNET Japan Staff 2007年06月26日 20時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフォリスクマネージとエアーは6月26日、メールアーカイビング事業で協業すると発表した。

 この協業で両社は、メール監査・フィルタリング機能を搭載するエアーの「WISE Audit」とインフォリスクマネージのマネージドホスティングサービス「Utilityz」を組み合わせ、メールアーカイビング機能を月額料金でSaaSで提供する。価格は3年契約で月額20万円から。

 具体的には、メール監査、フィルタリング機能、メールの復元といったメールアーカイビング機能に付随するソフトウェアライセンス、回線、サーバ、ネットワーク機器、データセンターなどの機能をすべてサービスとして提供する。既存のメールシステムを変更せずに利用することが可能だ。

 メールシステム全体をリプレースし、Utilityzを導入する場合は、既存のサーバ資源を買い取るプログラムが適用可能となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?