PSAプジョーシトロエン、新受注管理システムにILOG JRulesを採用--予定納期の精度を向上

CNET Japan Staff 2007年06月20日 23時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ILOGは6月19日、欧州第2位の自動車メーカーであるPSA Peugeot CitroenがILOGのBRMS(ビジネスルール管理システム)の主要製品である「ILOG JRules」を採用したことを発表した。

 PSA Peugeot Citroenは、ILOG JRulesを受注管理システムに導入し、月間30万件の受注に対する生産納期をリアルタイムに算出している。ILOG JRulesによるソリューションは90%の信頼度を実現。自動車生産の予定納期の精度が向上し、変更への即応性と顧客サービスが改善されている。

 ILOG JRulesを導入する以前に同社は、特注仕様車の需要拡大に加え、PeugeotとCitroenというマルチブランド管理により、受注内容の複雑化という問題を抱えていた。両ブランド全体では、それぞれ約1万8000のルールが、自動車生産の納期を算出しているという。

 ILOG JRulesの導入により、注文処理のプロセスを容易に把握できるので、変更にもすばやく対応できるようになっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR