auのスマートフォンが来春登場となるか?--マイクロソフトとKDDI、SaaS型ビジネスで提携

坂本純子(編集部) 2007年06月27日 19時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトとKDDIは6月27日、WindowsプラットフォームをベースとしたSaaS型アプリケーションサービスの推進と開発について包括提携したと発表した。

“KDDIとマイクロソフトでSaaS型ビジネスの普及をめざす KDDIとマイクロソフトでSaaS型ビジネスの普及をめざす

 固定の通信回線とモバイルを1社で提供する総合通信事業者であるKDDIと、ソフトウェアソリューションを提供するマイクロソフトが組むことで、ネットワーク、プラットフォーム、アプリケーションをワンストップで提供するSaaS型ビジネスの確立と発展を目指す。

 この提携により、複数のウェブアプリケーションを共通の基盤で動かせるしくみをつくる。PCからでも携帯電話からでも、信頼性の高いサービスを必要なときだけ月額料金で利用できるようにするという。

 SaaS共通基盤としては、マイクロソフトの通信事業者向けのシステム連携サービスであるCSF(Connected Services Framework)と、電子メールやスケジュール、企業内文書管理、モバイルアクセスなどを統合提供するHMC(Solutions for Hosted Messaging & Collaboration)を使用する。

 このプラットフォーム上では、SFA(営業支援)やCRM(顧客管理)、財務/会計、eラーニングなどの多彩なソフトウェアを提供するという。KDDIとマイクロソフトを中核とし、ソリューションパートナーと連携しながら進める方針だ。現在、大塚商会、オービックビジネスコンサルタント、ピー・シー・エーなど7社がパートナーとして賛同している。

 KDDIとマイクロソフトは、本日より市場開拓のための共同マーケティング活動を開始し、市場開拓に向け展示会やセミナーなどを開催するという。2008年3月をめどに「Mobile SaaS」と呼ばれるサービスを開始する予定だ。

 具体的には、マイクロソフトのOutlookをauの携帯電話で使えるようにするほか、会社で使っているドメインのメールがauの携帯電話で使えるようにするという。

 現在の携帯電話キャリアの中で、KDDIだけがWindows Mobileベースのスマートフォンを出していない。サービスに向けた新端末の開発などについて、「この手のものは出す直前に発表するものなので、ご理解ください」(KDDI 取締役執行役員常務 ソリューション事業統括本部の田中孝司氏)と明言を避けた。

 今年10月をめどに、共同マーケティング活動の結果を踏まえながら、「SaaS Support Program(仮称)」と呼ばれるアプリケーションパートナーを支援するプログラムなどサービスの詳細を発表するとしている。

“ネットワーク、プラットフォーム、アプリケーションをワンストップで提供する ネットワーク、プラットフォーム、アプリケーションをワンストップで提供する
“提供形態と収益モデルを構築 提供形態と収益モデルを構築
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR