SAPジャパンなど、SaaS方式で中堅企業向けの目標管理システムを提供

ニューズフロント 2007年06月28日 17時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンとアマノビジネスソリューションズは、SAPの人事管理製品「SAP ERP Human Capital Management(SAP ERP HCM)」を使ったパフォーマネジメント(目標管理)システムを構築し、6月28日よりSaaS方式で提供を始めた。短期間、低コストでの導入を求める、従業員数百名規模の中堅企業に向ける。

 アマノビジネスソリューションズは2000年からSAP製品を利用した人材、給与、組織管理システムをSaaS方式で提供し、これまで67社に導入している。

 今回の目標管理システムでは、上司が部下と面談し当期の目標を決定し、進ちょく状況の確認面談を経て、期末に評価し昇給、賞与や昇進のための基礎情報として利用する、といった一連の業務をウエブブラウザから処理する。これにより社員の評価を容易に標準化し、業績に基づく報酬プロセスを整備できるという。

 なお目標管理システムで蓄積した進ちょくや評価結果のデータは、SAP ERP HCMを使った人材、組織管理システムと連携して利用できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR