三菱UFJ証券のクラスタシステム、6.52テラフロップスで世界193位の性能

ニューズフロント 2007年06月28日 18時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱UFJ証券は、マイクロソフトのクラスタリングサーバOS「Windows Compute Cluster Server(CCS)2003」と日本IBMのブレードサーバ「IBM BladeCenter」448台で、金融工学シミュレーション用のクラスタシステムを構築した。マイクロソフトと日本IBMが6月28日に明らかにしたもの。

 各BladeCenterはデュアルコア版Xeonを搭載することから、同システム全体の演算コア数は1792個となる。Windows CCSはOSに加え、高性能コンピューティング(HPC)クラスタに必要な通信ライブラリ、ジョブスケジューラ、リソース管理ツールなどを含むため、同システムを構築するにあたり追加投資は不要だったという。

 日本IBMがベンチマークテストLinpackで処理性能を計測したところ、6.52テラフロップスを記録した。これにより、6月27日発表の世界スーパーコンピュータランキング「Top500」で193位となった。なお、金融機関の所有するシステムとしては、世界第2位に相当する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR