アドビ、Flexを統合した「LiveCycle ES」日本語版を今夏発売

柴田克己(編集部) 2007年06月28日 18時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビシステムズは6月27日、同社LiveCycle製品の新バージョンである「Adobe LiveCycle Enterprise Suite(LiveCycle ES)」を発表した。LiveCycleブランドに新たに「Flex」が加えられたことにより、LiveCycleの位置づけは、従来の「PDFサーバスイート」から、PDFとFlex(Flash)によるワークフローの自動化ツール群へと変化する。

 LiveCycle ESには、含まれるコンポーネント数が異なる「LiveCycle ES Business Transformation Edition」と「LiveCycle ES Data Capture Edition」の2種のエディションが用意される。新バージョンの最大の特徴は、やはり、これまで「Flex」として提供されていたFlash技術によるRIAフレームワークがLiveCycleブランドとして統合された点だ。Flexのデータハンドリングを行うコンポーネントであった「Flex Data Services」は「LiveCycle Data Services ES」と名称が変更され、いずれのエディションにも組み込まれる。

LiveCycle ESの構成要素 Adobe LiveCycle ESの構成要素。Flexが新たにLiveCycleファミリーに加わり、サーバ側のコンポーネントや管理スキームが統合される。

 同社によれば、従来より、LiveCycleによるPDFワークフローとFlexのRIA環境を組み合わせたソリューションを求める声は多かったという。今回のLiveCycle ESでは、これらの開発環境、運用管理環境を統一することにより、こうしたソリューションを求めるユーザーの使い勝手を向上させている。従来より、Eclipseプラグインとして提供されていたFlexの開発環境「Flex Builder」と同様、PDFフォームやワークフローを定義する「Form」「Process」といったツールもプラグインとして提供されるという。

 アドビでは、同社製品群のコンセプトを総称し、人と情報との関わりを変革する「エンゲージメントプラットフォーム」と呼ぶ。Adobe Systems、エンタープライズ&デベロッパービジネスユニットプロダクトマーケティング&戦略担当バイスプレジデントであるJeff Whatcott氏は、LiveCycle ESについて「本来、紙書類のメタファであるPDFと、RIAの先がけであるFlex(Flash)には、それぞれに最適な適用分野というものがあった。これらが統合した新たなLiveCycleによって提供されるリッチなUI環境は、ユーザーによる情報へのアクセスをさらに容易にする」と述べた。

 Adobe LiveCycle ES日本語版の出荷は2007年夏に予定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!