IBM、「Viper 2」の公開ベータテストプログラムを開始

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:吉武稔夫、高森郁哉 2007年06月29日 19時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間6月28日、2006年にリリースしたXML対応データベース「DB2 9」のアップグレード版となる、「Viper 2」(開発コード名)の公開ベータ試験プログラムを開始すると発表した。

 かつて「Viper」という開発コード名で呼ばれていたDB2 9は、XMLデータとリレーショナルデータを共にネイティブで取り扱うことができる。XMLのインデックス化、セキュリティ、ストレージといったDB2 9の機能は、後継版のViper 2でさらに強化されると、IBMは述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから