フォーカスシステムズなど、HP NonStop向け異機種間ファイル暗号製品を発表

CNET Japan Staff 2007年06月29日 19時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハイ・アベイラビリティ・システムズとフォーカスシステムズは6月29日、HP製の無停止サーバ「HP NonStop」で稼働する暗号化システムとして、フォーカスシステムズ製異機種間ファイル暗号製品「CRYPTO RELAY」を移植したことを発表した。

 同製品は、すでにほかのOS向けに販売されているCRYPTO RELAYとファイル互換性があり、相互に暗号ファイルを交換できる。データ交換時の磁気媒体の紛失・盗難に対して効果的な情報漏洩対策を行うことが可能になる。また内部での情報漏洩防止のためのバックアップデータの暗号化対策にも適用できる。

 ハイ・アベイラビリティ・システムズが日本HPと連携しながら販売する予定だ。9月に出荷する予定。価格は未定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR