フォトレポート:グーグルを影で支えるセキュリティチーム

CNET News.com Staff 2007年07月05日 16時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 いわゆるWeb 2.0テクノロジではオンラインセキュリティに対して難問を投げかける状況となっており、Douglas Merrill氏はGoogleのエンジニアリング部門バイスプレジデントとして、デジタル時代においては正念場となる今、その最前線に立っている。Merrill氏が率いるGoogleセキュリティチームは総勢約50名。ウェブアプリケーションの安全性を確保するのも彼の職責の1つである。Merrill氏は「面白くてわくわくするような、高度な双方向性を備えた新しいウェブアプリケーションに誰かが侵入できる可能性については、我々はまだその全体像を把握していない」と言う。「我々は新しい科学技術の最前線にいると確信している。全社一丸となって、ウェブセキュリティにもう一度正面から取り組む必要がある」とも述べている。
 いわゆるWeb 2.0テクノロジではオンラインセキュリティに対して難問を投げかける状況となっており、Douglas Merrill氏はGoogleのエンジニアリング部門バイスプレジデントとして、デジタル時代においては正念場となる今、その最前線に立っている。Merrill氏が率いるGoogleセキュリティチームは総勢約50名。ウェブアプリケーションの安全性を確保するのも彼の職責の1つである。Merrill氏は「面白くてわくわくするような、高度な双方向性を備えた新しいウェブアプリケーションに誰かが侵入できる可能性については、我々はまだその全体像を把握していない」と言う。「我々は新しい科学技術の最前線にいると確信している。全社一丸となって、ウェブセキュリティにもう一度正面から取り組む必要がある」とも述べている。

 いわゆるWeb 2.0テクノロジではオンラインセキュリティに対して難問を投げかける状況となっており、Douglas Merrill氏はGoogleのエンジニアリング部門バイスプレジデントとして、デジタル時代においては正念場となる今、その最前線に立っている。Merrill氏が率いるGoogleセキュリティチームは総勢約50名。ウェブアプリケーションの安全性を確保するのも彼の職責の1つである。Merrill氏は「面白くてわくわくするような、高度な双方向性を備えた新しいウェブアプリケーションに誰かが侵入できる可能性については、我々はまだその全体像を把握していない」と言う。「我々は新しい科学技術の最前線にいると確信している。全社一丸となって、ウェブセキュリティにもう一度正面から取り組む必要がある」とも述べている。

提供:Joris Evers/CNET News.com

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!