フォーバル、フィルタリングと暗号化機能を連携するソリューション

WebBCN (BCN) 2007年07月02日 10時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォーバル クリエーティブ(金住治社長)は6月28日、オレンジソフト(日 比野洋克社長)とクリアスウィフト(山本卓夢代表取締役)と協業し、Eメー ル統合管理ソリューションの機能を強化した「暗号化連携ソリューション」を7月1日に発売すると発表した。税別価格は250万円から。

 メールフィルタリング機能をもつ「MIMEsweeper Email Appliance(MIMEsweeper)」とメールゲートウェイでのZIP暗号化機能を提供する「BRODIAEA safe Attach(safeAttach)」を連携させたソリューション。自動的に送信メールの 添付ファイルを暗号化し、電子メールを安全に運用できる。

 「safeAttach」が送信者側に復号パスワードを通知し、送信者は別途電子メー ルや電話などの手段で受信者に伝達する。またパスワード付きZIPで暗号化さ れたメールを受け取った受信者は、特別な復号化ツールを使わずに、OSの標準 機能(Windows Vista、XP)で復号化が可能。

 また、フィルタリング機能を搭載し、外部からのスパムメールやウィルスメー ルの侵入を防ぐ。また、内部からは機密データや個人情報などの漏えい対策、 社内のコンプライアンス違反に属するような不適切なメールなどの送信をブロ ックする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!