WSDL 2.0が正式勧告:SOAPに完全対応

荒浪一城 2007年07月02日 21時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月27日、Web Services Description Language (WSDL) 2.0が、W3C(World Wide Web Consortium)より正式に勧告された。

 WSDLは、XMLベースで記述されWebサービスの仲介をなす言語仕様。インターフェイスや、サービスを提供する場所および方法を記述する。日本語では「Web サービス記述言語」と訳される。

 今回のWSDL 2.0の勧告では、インターネットの基本通信プロトコルであるHTTPに加え、Webサービス通信プロトコルとして最も普及している実装であるSOAP(Simple Object Access Protocol)にも完全対応した。

 そのほか、WS-I Basic ProfileにWSDL 1.1に対する改善点が盛り込まれたほか、耐障害性能力の向上、継承やインポート機能の追加がそれぞれ行なわれている。

 現在の、JAX-RPC 1.0の後継であるJAX-WS 2.0(JSR 224)では、SOAP 1.1/1.2、WSDL 1.1、WS-I Basic Profile 1.1などに対応している。W3Cからは、WSDL 1.1からWSDL 2.0への変換ツールがWeb上に用意されている。

 HTTP及びSOAPに完全対応したWSDL 2.0は、大手ベンダーが作業部会に加わっており広範な利用が期待できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?