ログイットとデジタルテクノロジー、キーワードによる音声検索システム

WebBCN (BCN) 2007年07月03日 12時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ログイット(立古史朗社長)とデジタルテクノロジー(端一二代表取締役) は7月1日、ログイットが販売する通話録音装置「NiceLog」と連携して、録音 保存した通話記録の中から指定したキーワードの発話箇所をすばやく再生する 「音声検索システム」を発売した。

 ひらがなやカタカナで入力されたキーワードをシステム内部で音声波形に変 換し、すでに録音された音声波形と比較して情報を検索して一致する情報を見 つけて一覧表示する。音声情報を文字化せずにそのまま活用する仕組みなので、 事前登録した認識辞書が不要。導入したその日からシステムを利用できる。

 検索条件は、3つまでAND/ORで指定可能な「キーワード」に加え、「通話開 始日時」「通話時間」「発番号」「着番号」「コメント」などを指定できる。 複数の検索結果を一覧表示するほか、キーワード検索箇所からの音声再生、通 話へのコメント登録といった機能も備える。また、管理者、一般オペレーター、 保守要員など利用者ごとの権限設定ができ、マルチサーバーや依頼した検索処 理の取り消しにも対応する。

 金融、サービス業界におけるコールセンターの「NiceLog」既設ユーザーに 対して想定する用途は、録音された通話記録から個人情報や通話録音内容の重 要な部分の検索、オペレータの電話応対の品質確認、外線・内線通話内におけ る情報漏えいに関する機密情報有無のチェックなど。販売開始初年度に50シス テムの導入を見込む。

 税別価格は、CPUライセンスが50万円、1チャンネルあたりのチャンネルライ センス(通話録音装置「NiceLog」の録音チャンネル数)は50チャンネルまで が3万6000円、51-200チャンネルが3万3000円、201チャンネル以上が3万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから