アップル、Mac OS X 10.4.10のバージョン1.1を公開--Intel Macのオーディオ問題に対処

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年07月03日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが1週間半前にリリースしたセキュリティアップデートが原因で、一部のIntelベースのMac上でオーディオの問題が発生していると見られる。これを受け、同社はアップデート版をリリースした。

 Appleは6月、複数のセキュリティ問題とUSB接続機能を修正するため、Mac OS X 10.4.10をリリースした。だが、同社は米国時間7月2日午後に出したAudio Updateを告知するメッセージの中で、10.4.10が原因で、一部のMacユーザーにおいて雑音が聞こえるトラブルが発生しているようだと述べている。

 仮にまだ10.4.10にアップデートしていない場合は、Appleがセキュリティや音声の問題を修正した同アップデートの新版(バージョン1.1)をリリースしているので、そちらを適用されたい。一方、10.4.10をすでにダウンロード済みの場合は、セキュリティ上の問題は解決されている。しかし、音声トラブルを解消あるいは予防するために、より容量の小さなアップデートをダウンロードすることをお勧めする。

 これらのアップデートはMac OS Xの「Software Update」機能を経由して入手するか、「Apple Downloads」からダウンロードすることができる。なお、Power PCベースのMacを利用するユーザーは音声に関するアップデートを行う必要はない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR