IBMから新たなWebマッシュアップ開発環境 - その名も「Project Zero」

白石俊平(あゆた) 2007年07月03日 19時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2日、IBMは新しいWeb開発環境として「Project Zero」を発表した。現在のところその詳細は不明であるが、リッチなWebアプリケーションを容易に作成し、実行できるサーバサイドの環境であるということが判明している。

 Project ZeroはGroovyやPHPを動かすスクリプティングエンジンを備え、RESTfulなWeb APIを公開するのに最適化されているため、マッシュアップが非常に容易だという。

 IBMが主導して進めているプロジェクトではあるが、コミュニティベースで開発を進めていくとのことであり、オープンで中立な技術を目指している。

 IBMのdeveloperWorks会員であれば、この先もメーリングリストにて情報を継続的に得ることができるはず。日本でも近々Project Zeroに関するセミナーが開催されるとの情報も得ており、要チェックだ。本誌でも、さらに詳しい情報が判明し次第お伝えしていく予定である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR