ウイルス:6月もダイアラーが全盛を極める--フォーティネット調べ

吉澤亨史 2007年07月05日 19時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォーティネットジャパンは7月5日、6月のウイルス対処状況レポートを発表した。このレポートは、フォーティネットのセキュリティアプライアンス「FortiGate」が発見した脅威をまとめたもの。

 レポートによると、6月の脅威トップ10は「W32/Dialer.PZ!tr」が13.43%で1位、「W32/Bagle.DY@mm」が10.05%で2位、「W32/Netsky.P@mm」が7.11%で3位となった。6月も引き続き、Dialer.PZが他の大量メールワームをしのいで全盛を極めた。また、トップ10の顔ぶれも5月とほぼ変わらない結果となっている。

 フォーティネットでは、アニメーション カーソルの脆弱性を利用する「ANI07.A」(5位)に注目している。これは、標的としている脆弱性がすでにパッチが適用されているうえ、トップ10リストの中では唯一、ワームそのもの、あるいはワームに関連した脅威ではないためとしている。

 悪意ある攻撃者は、この順位を記録するために人気の高いウェブサイトを利用し、悪意あるアニメーション カーソルをアップロードしてきたと考えられるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!