マイクロソフト、内部統制文書化ツールとソースコードを無償配布

WebBCN (BCN) 2007年07月06日 12時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは7月4日、「Microsoft Office Visio 2007(Visio 2007)」 と「Visio 2003」上で動作し、内部統制の仕組み構築に対応した業務プロセス の文書化を支援するツール「Microsoft Office Visio 内部統制文書化ツール」 の無償提供を開始したと発表した。

 06年10月に公開した「汎用版Visio内部統制テンプレート」をもとに、「Windows Vista」「.NET Framework 2.0」上で動作するための対応や、一部の動作 変更などを行った。ユーザーインターフェイスも、シンプルでわかりやすいも のに変更した。ソースコードも無償で公開し、パートナー企業やユーザーが自 由にカスタマイズできる。

 同ツールとVisio 2007、Excel、WordなどのOffice製品を利用することで、 業務フローの作成から変更、更新作業までを効率化できる。テンプレートの設 定やソースのカスタマイズにより、独自のリスクコントロールマトリックス(RCM)フォーマットなどを使用した内部統制の文書化も行える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?