ウイングアーク、PDF自動レポート生成機能を搭載したBIツール

WebBCN (BCN) 2007年07月10日 11時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイングアーク テクノロジーズ(内野弘幸社長)は7月9日、データ活用ソ リューション「Dr.Sum EA」シリーズで、複雑な集計結果を見やすく美しい表 にまとめ、高精度なPDF出力を実現する機能を搭載した「Dr.Sum EA Datalizer Professional for Web」を発売した。税別価格は、1サーバーライセンスで150万円。

 ブラウザ上で複数の集計結果を同時に実行できる機能を備え、複雑で高度な マルチ・レポーティング機能をもつ。また、あらかじめ用意されている集計表 のレイアウトパターンを設定するだけで、用紙サイズや必要条件に合わせた集 計表をPDF出力するレポート自動生成機能を搭載する。

 従来はBIツールを導入していても、専任の担当者がエクセルを駆使して集計 表を手作業で作成するケースが多かった。しかし、同製品はそのプロセスを解 消し、手元のパソコン上で集計できるようにした。また、これまでのBIツール では成しえなかった日本ならではのレポート出力をノンプログラミングで実現 し、美しく見やすい集計表をアウトプットできる。

 なお、「Dr.Sum EA Datalizer Professional for Web」の発売に合わせて、 「Dr.Sum EA Datalizer for Web Ver2.5 SP2」の提供も開始する。従来の製品 に比べて操作時の使い勝手を考慮し、ユーザビリティの向上を図った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR