テプコ、日本HP、MSが社内情報資産の有効活用を実現するソリューションで協業

CNET Japan Staff 2007年07月10日 12時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テプコシステムズ、日本ヒューレット・パッカード(HP)、マイクロソフトの3社は7月10日、社内情報資産の有効活用を実現するソリューションの提供を目的に協業すると発表した。協業の第1弾として、社内の情報資産を有効活用し、生産性を向上させるソリューション「ラピッドスターターパック」を同日より発売開始する。

 「ラピッドスターターパック」は、テプコシステムズの情報連携ツール「ePower/exDirector」を、HPのx86サーバ「HP ProLiant」とマイクロソフトのソフトウェア群でパッケージ化したソリューションだ。ePower/exDirectorには、Microsoft Excelベースの情報資産をMicrosoft Office製品へと自動的に連携させる機能が備わっている。Excelフォーマットをそのまま再利用できるため、業務担当者へのスムーズな導入が期待できる。ラピッドスターターパックでは、規模や用途に合わせてOffice製品を組み合わせ、情報資産の共有と管理が可能となる。

 また、ラピッドスターターパックは規模や用途に合わせて最適なハードウェアにインストールした状態で提供されるため、新しいサーバ導入の際に作業負荷の高いサイジングを気にする必要がない。また、ePower/exDirectorにはテンプレートやチュートリアルも付属しているため、導入後すぐに業務が開始できる。

 ラピッドスターターパックの価格は、25ユーザーで298万円から。導入や設置費用は含まれていない。テプコシステムズの専任チームおよび同社のビジネスパートナーより提供される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!