日本SGI、大規模ブレードサーバ対応クラスタ「SGI Altix ICE 8000」を発売

CNET Japan Staff 2007年07月10日 20時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本SGIは7月10日、SGIが独自に開発したブレードテクノロジを実装した中規模から大規模サーバ向けのクラスタシステム「SGI Altix ICE(Integrated Compute Environment)8000シリーズ」の発売を開始した。

 同製品は、高い計算能力と省スペース、省電力設計が特長のブレードサーバ/クラスタ。日本SGIでは、クラスタシステムとして「Altix XEシリーズ」をすでに販売しているが、Altix ICE 8000シリーズは、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)向けの新シリーズとなる。

 ICE 8000シリーズは、1ラックあたり最大512プロセッサコアまで搭載可能。またデュアルコアおよびクアッドコアのインテル Xeonプロセッサを採用。既存のSGIサーバに比べ約6倍の計算能力にあたる1ラックあたり6テラフロップスを実現する。

 また、大規模サーバ技術を生かし、システム全体の拡張性が高く、1000ノード数(2000プロセッサソケット以上)を超える大規模クラスタも構築できる。

 同シリーズはまた、ディスクレスブレードアーキテクチャの採用により、ブレード内部にローカルディスクを搭載しない。このため、ブレードの小型化や薄型化を実現し、さらに高密度化、省電力化が可能。処理性能に対する消費電力をAltix4700シリーズの3分の1以下に削減し、1ラックあたり30KW台に抑えている。

 クアッドコア Xeon 2.66GHzプロセッサ2基と8GB FB-DIMMを搭載したブレードを4台の基本構成の価格は1200万円より。管理ノード、ラック制御ノード、ログインノードを各1台含み、Novell SUSE Linux Enterprise ServerおよびSGI ProPack for Linuxが付属する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!