IBM、仮想化を強化したAIXのベータを一般公開

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年07月13日 17時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間7月12日、UNIXサーバ向けOSの「AIX 6」のベータ版をリリースした。正式版の提供は2007年第4四半期中を見込むという。

 AIXを手軽に試してもらうため、IBMは今回初めて、ベータ版をAIX顧客のみではなく誰にでも利用できるようにした。

 IBMによると、AIX 6では仮想化が大幅に強化されており、IBMのプロセッサ「Power6」の性能を十分に活用できるという。

 ソフトウェアをベースとした仮想化機能を利用することで、管理するOSインスタンス(イメージ)の数を削減できる。これにより、単一のサーバ上に作業を統合でき、消費電力効率の面からみても、複数台のサーバを利用して同じ作業を行うよりもエネルギー効率に優れたアプローチといえる。

 また、ユーザーは「IBM System p」サーバ上で「SUSE Linux Enterprise」や「Red Hat Enterprise Linux」を動かすためのパーティションも設定できるという。

 IBMによると、最新版ではサーバの管理機能を改善し、再起動せずにサーバ間でワークロードを移動させることができるようになったという。また、役割ベースのアクセス管理システムにより、管理者はいくつかの管理作業をエンドユーザーに委ねられるという。

 AIX 6は、「Power 4」「PowerPC 970」「Power 5」などIBMの前世代のPowerプロセッサもサポートする。アプリケーションは、「AIX 5.2」と「AIX 5.3」のアプリケーションが動くという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!