パナソニックモバイル、4.9GHz帯の屋外対応無線LANアクセスポイントを発売

エースラッシュ 2007年07月13日 21時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックモバイルコミュニケーションズは7月13日、4.9GHz帯を利用した屋外対応の無線LANアクセスポイント2機種を、9月から順次出荷すると発表した。

 今回発表された2機種は、同社の無線LANシステム「WINDIO」シリーズの追加ラインアップとして商品化されるもの。屋外利用が可能なライセンスバンドであり、電波干渉が少ないという特徴を持っている4.9GHz帯を採用したアクセスポイントだ。

 マルチホップ機能をもち、中継区間でのQoSにも対応しているため、LAN配線が困難なエリアに設置してのエリア拡張や、VoWLANによる音声サービスなどへの適用も可能になっている。

 ラインアップは4.9GHz帯と2.4GHz帯のデュアルタイプ屋外対応アクセスポイント「ES-7HD6」と、 4.9GHz帯長距離中継タイプ屋外対応アクセスポイント「ES-7TD7」の2機種。オプションとして、ES-7TD7用に無指向性アンテナと指向性アンテナも提供される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?