インテル、3GHzの「Core 2 Extreme QX6850」など複数CPU製品を発表

文:Rich Brown(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年07月17日 13時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間7月15日、同社のハイエンドCPUブランド「Core 2 Extreme」をノートPC向けにも拡大したのに加え、数種の新しいデスクトップ向け4コアチップを発表した。最も注目すべきは、最上位モデルである3.0GHzの「Core 2 Extreme QX6850」で、1333MHzの新しいフロントサイドバス(FSB)を搭載している。Intelはまた、それぞれ新しい高速バスを搭載した、3.0GHzの「Core 2 Duo E6850」(266ドル)、2.66GHzの「E6750」(183ドル)、2.33GHzの「E6550」(163ドル)の3つのデュアルコアCPUも発表した。同社はさらに、1066MHzのFSB搭載の「Core 2 Quad」チップも同時に発表した。「Core 2 Quad Q6700」は、クロック速度2.66GHzで動作し、価格は530ドルとなる予定。

 われわれのテストでは、(メインストリーム向け「P35」チップセット搭載のASUS製マザーボードに)Corsair製の最新DDR3メモリを用いても、それほど大きな性能の向上は見られなかった。今回の新しいチップは、現在のデスクトップ性能を向上させることだけではなく、2007年後半にリリース予定のIntelの新しい「X38」チップセットの発表に向けての前準備であるようだ。X38には、グラフィックスカード用により帯域幅の広い「PCI Express 2.0」がサポートされる予定である。したがって、ゲーム愛好家や高性能を追求する人々は恐らく、今回の新チップを急いで入手する必要はない。しかし少なくとも2007年後半にリリース予定の新しいチップセットには、期待に応える性能が実現されることになるだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!