ジュニパー、拠点・支店向けのルータやアプライアンスなど新製品発表

田中好伸(編集部) 2007年07月17日 14時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジュニパーネットワークスは7月17日、サービスルータ「J」シリーズ2機種、統合脅威管理(UTM)アプライアンス「Secure Service Gateway(SSG)」2機種、ネットワーク管理アプライアンス2機種を発表した。発表された製品は2007年第3四半期から代理店を通じて販売される予定となっている。

 モジュラー型OS「JUNOS」を搭載するJシリーズの新製品となる2機種は、「J2320」と「J2350」。どちらも、拠点、支店、リモートオフィス向けのルータとなる。SSGシリーズの新製品である「SSG 320M」と「SSG 350M」は、25〜100人規模の企業の拠点や支店でのセキュアなLAN・WAN接続性を確立するというもの。

 ネットワーク管理アプライアンスの新製品は「Juniper NetScreen-Security Manager(NSM)Central Manager」と「Juniper NSMXpress」。NSMXpressは、ファイアウォール/VPNや侵入検知防御(IDP)の初期設定、ネットワークの設定、セキュリティポリシーを一元的に管理するアプライアンスだ。NSM Central Managerもアプライアンスであり、セキュリティポリシーをネットワーク全体に配信することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから