脆弱性:届出数は着実に増加、1日あたりに約2件に--IPA

吉澤亨史 2007年07月19日 22時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)と有限責任中間法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月19日、2007年第2四半期(4月〜6月)の「ソフトウエア等の脆弱性関連情報に関する届出状況」を発表した。

 発表によると、4月1日から6月30日までのIPAへの脆弱性関連情報の届出件数は、ソフトウェア製品が46件、ウェブアプリケーション(ウェブサイト)が95件で、合計141件となっている。

 2004年7月8日の届出受付開始からの累計は、ソフトウェア製品が501件、ウェブサイトが940件の合計1441件で、ウェブサイトに関する届出が全体の3分の2を占めた。

 届出受付開始から各四半期末時点までの就業日1日あたりの届出件数が着実に増加してきており、2007年第2四半期末で1.98件となった。

 ソフトウェア製品の脆弱性の処理状況では、2007年第2四半期にソフトウェア製品の脆弱性の修正が完了し、JVNで対策情報を公表したものは23件、製品開発者が脆弱性ではないと判断したものは0件、告示で定める届出の対象に該当せず不受理としたものは3件であった。これらの取り扱いを終了したものの合計は26件となっている。

 ウェブサイトの脆弱性の処理状況では、2007年第2四半期にウェブサイトの脆弱性の修正が完了したものは86件、ウェブサイト運営者が脆弱性ではないと判断したものは9件、ウェブサイト運営者と連絡が不可能なものがマイナス6件(削除された)、告示で定める届出の対象に該当せず不受理としたものは7件であった。これらの取り扱いを終了したものの合計は96件となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!