Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その19:連載再開、まずは頭慣らしで「スクリプト超基礎」

大槻透世二(サイバーアドベンチャー株式会社) 2007年07月26日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(前回よりつづく)

『抜けるような青空』というのは、まさにこのことだ。
俺はビルの隙間から覗く空を見上げて、素直にそう思った。
時はランチタイム。
オフィスビルの立ち並ぶこの一角で高い人気を得ているイタリアンに、俺は昼休みの少し前から席を陣取っている。
予約していて良かった。
立ち並ぶ客の目をよそに運よくテラス席に通された俺は、ビル以外遮るもののない青空をぼんやりと見上げながら、同僚の大原さくらを待っていた。

……続きは、ブログ『「Second Love Story」〜あの頃の僕たちに〜』へ。

シーズン2開始

 今回からシーズン2がいよいよ始まる。シーズン1最終回から今回までの1カ月間、Second Lifeでの「ものづくり」を皆さんなりにマスターしてもらえただろうか?もしまだならば、「Second Lifeものづくりセンター」(Cyber Adventure 197, 79, 31)で、ものづくりの基礎を是非マスターしてほしい。

 「Second Lifeものづくりセンター」では、この連載と連動した3Dマニュアルが用意され、シーネットネットワークスジャパンのSecond Lifeオフィス(Cyber Adventure 118, 30, 31)がどのようにつくられたかを解説している。さらに連載に登場したテクスチャやスクリプトが無料で手に入るようになっている。

 シーズン2では、日本語版公開後に予想される急激なユーザー数増加に備えて、クリエイターとしてのステップアップを目指す。そこで、まず、プロクリエイターの登竜門ともいえる「スクリプト」の学習を始めたいと思う。

 スクリプトとはプログラム言語の1種だ。クリエイターのなかには、「プログラムなんて学んだことがない……」という人も多いだろう。そのため、この連載では、プログラマーでない人でも分かるスクリプト解説を考えている。

 プログラムと聞いて別に驚く必要はない。ただ、Second Lifeでは、スクリプトをちょっと学んでいるだけで、誰もがびっくりするようなことを表現できる。学習する価値はある。それでは始めてみよう。

スクリプト作成基礎&準備

 まずスクリプトを作ってみよう。なんらかのオブジェクトを作り、そのオブジェクト上で右クリックして「編集」を選び、「コンテンツ」タブを開く。そして、「新しいスクリプト」ボタンをクリックすると、下図のように「New Script」が出現する。

「新しいスクリプト」ボタンをクリックすると(図左)、New Scriptが表示される(図右)。 「新しいスクリプト」ボタンをクリックすると(図左)、New Scriptが表示される(図右)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!