JUnit 4.4リリース:新メソッドが追加

荒浪一城 2007年07月20日 20時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JUnitは、Javaのテストを行う上で大変有名なフレームワークである。ライセンスは、Common Public License Version 1.0。JUnit4になり、アノテーションを用いるようになるなど、JUnit3に比べて機能強化が施されている。

 今回のJUnit4.4では、「assertThat」というメソッドが追加されている。構文としては、assertThat([value], [matcher statement]);となる。

 サンプルコードは、以下の通り。

assertTrue(responseString.contains("color") || responseString.contains("colour"));
// ==> failure message: 
// java.lang.AssertionError:

 新しく下記のように、記述できるようになった。

assertThat(responseString, anyOf(containsString("color"), containsString("colour")));
// ==> failure message:
// java.lang.AssertionError: 
// Expected: (a string containing "color" or a string containing "colour")
//      got: "Please choose a font"
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから