日立、SAP、MSの3社が「Duet for Microsoft Office and SAP」で協業

CNET Japan Staff 2007年07月24日 17時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所、SAPジャパン、マイクロソフトの3社は7月24日、SAPとマイクロソフトの共同開発によるフロントエンドソリューション「Duet for Microsoft Office and SAP」(以下、Duet)の分野で協業を行うことを発表した。

 Duetは、企業ユーザーがMicrosoft Officeの各アプリケーションをフロントエンドとして、SAPの基幹アプリケーションへアクセスできるようにするソリューション。マイクロソフトとSAPが共同で開発、販売を行う。

 今回の合意にもとづき、日立は「BladeSymphony」をはじめとした同社のハードウェア上で、Duetのシステム環境を構築する技術などの検証を進めるほか、3社協力の下、各種検証と顧客向けのデモンストレーションなどを行うための施設「Duetコンピテンスセンタ」を2007年度第3四半期に開設する。また、2007年度末までに、Duetの導入を支援するソリューションを開発、製品化する予定という。

 SAPとマイクロソフトでは、Duetに関する技術やリソースを日立に提供する専任の担当者を置き、検証作業や導入支援ソリューションの開発をサポートするほか、技術面、マーケティング面双方でのDuetの本格的な拡販を支援していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR