NTT Com、ASP型統合コミュニケーションツールのトライアルモニター企業を募集

CNET Japan Staff 2007年07月24日 17時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、IP電話や電話会議、ウェブ会議、FAXといったビジネス向けの各種コミュニケーションツールを統合したASP型サービス「Biz Communicator(ビズ コミュニケータ)」のトライアル提供を7月25日より開始すると発表した。同社では、このトライアルに参加するモニター企業を募っている。

 「Biz Communicator」は、インターネットに接続されたPCから、日常の業務に必要な電話(IP電話)、電話会議、ウェブ会議、FAX送信といったオフィスコミュニケーションツールを統合された環境で利用できるサービス。IP電話機能は個人専用の050番号が付与され、ソフトフォンからの利用が可能。また、専用ソフトが入ったUSBキーを利用して、外出先のPCから、社内のPCへアクセスできるリモートアクセス機能なども用意されている。会社内で利用するクライアントPCには専用ソフトのインストールが必要になる。

 NTT Comでは、このBiz Communicatorのトライアルに参加するモニター企業を7月25日から10月下旬(予定)まで、同社ウェブサイト上で募集する。応募条件は、日本国内の法人で、企業向けOCNなど同社の指定するインターネット接続サービスを利用中もしくは新規に契約し、モニターとして同社が指定するアンケートなどに回答可能な企業。トライアルの提供に当たっては選考を行い、100社程度の参加を予定しているという。モニター利用の料金は無料。

 NTT Comでは、このトライアルを経て、将来的にBiz Communicatorのサービスを商用化する予定としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!