マイクロソフト、次期BPMソフト「Biztalk Server 2006 R2」を9月から提供

田中好伸(編集部) 2007年07月24日 18時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Microsoftは、先ごろ開催されたパートナー向けカンファレンス「Microsoft Worldwide Partner Conference 2007」で、ビジネスプロセス管理(BPM)ソフト「Microsoft Biztalk Server」の次期リリースとなる「Microsoft Biztalk Server 2006 R2」を9月から発売開始することを明らかにした。

 Biztalk Server 2006 R2では、EDI(電子データ交換)機能をネイティブサポートし、EDIの通信プロトコルである「Applicability Statement 2 (AS2) 」に対応している。また無線タグ(RFID)機能を搭載するとともに、オフィス製品「the 2007 Office Systems」と、「.NET Framework 3.0」などとの連携が強化されている。

 また今回のR2では、現行のBiztalk Server 2006で提供されているEnterprise Edition、Standard Edition、Developer Editionに加えて、企業の中核システムと拠点システム間のデータとプロセス連携をシームレスに実現するというエディション「Branch Edition」もあわせて提供される。

 R2では、SOA/BPM導入支援パッケージ「SOA and Business Process パック」が提供される。このパッケージは、BizTalk Server 2006 R2とコラボレーション基盤「Microsoft Office SharePoint Server 2007」、開発基盤「Visual Studio Team System」、データベース「Microsoft SQL Server 2005」と.NET Frameworkをセット価格にて提供、企業でのSOAやBPMの導入を支援するというものだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR