日本コンピュウェア、.NET開発支援ツール最新版をまずは英語版で提供

田中好伸(編集部) 2007年07月24日 21時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本コンピュウェアは7月24日、.NETアプリケーション開発支援ツールの最新版となる「DevPartner Studio Professional Edition 8.2」(英語版)の販売を開始したことを発表した。税別価格は、初年度のサブスクリプション契約を含んで1ネームドユーザー36万8000円となっている。

 DevPartner Studio 8.2は、Visual Studio 2005との統合を実現し、単体テストからシステムテストまで、アプリケーションやコンポーネント、ウェブサービスの構築を支援するデバッグ/テストツール。今回は、Windows VistaやVisual Studio 2005を使ってアプリケーションを構築する開発部門や品質管理部門を対象に、先行して英語版を提供する。

 最新版のDevPartner Studio 8.2では、Vistaに対応するほか、Internet Information Server(IIS)7.0とInternet Explorer(IE)7.0のサポートが追加されている。開発者はVistaでのアプリケーション開発にDevPartner Studio 8.2のデバッグ/テスト機能を利用し、アプリケーションを開発できる。

 また、XML形式でデータを保存するエクスポート機能に、新たにコードレビュー、エラー検出、パフォーマンス・エキスパートのエクスポートができるようになった。これでDevPartner Studio 8.2のデータをさまざまなツールで参照可能となった。

 さらに、アプリケーションのシステム構成や設定を比較し、設定に起因する不具合を特定できるユーティリティ機能である「システム コンパリソン(System Comparison)」をDevPartner Studio 8.2と別々にインストールできるようにもなっている。この機能によって、開発者が関与することなく、品質管理やヘルプデスクの担当者が直接システム構成や設定の問題に関連した比較分析が行えるようになっている。

 DevPartner Studio 8.2と一緒に、、デバッグやテスト支援の中核となるツール、自動エラー検出(BoundsChecker)、カバレッジ分析、パフォーマンス分析で構成された、Visual C++ユーザーのための低価格スイートである「DevPartner for Visual C++ BoundsChecker Suite 8.2」(英語版)も同時に発売する。税別価格は、初年度のサブスクリプション契約を含んで21万5000円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR