日立、数百万件の画像データから1秒以内で類似画像を検索できる技術を開発

目黒譲二 2007年07月25日 12時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は7月24日、数百万件規模の画像・映像データの中から、指定した画像と類似した画像を1秒以内で高速検索できる類似画像検索技術を開発したと発表した。

 類似画像検索技術は“見た目が似ている”画像を検索する技術。画像間の類似性の評価は、画像の色の分布や形状等、画像自体が持つ情報を自動的に抽出し、高次元の数値情報として表現した「画像特徴量」に基づいて行われる。

 今回開発された技術は、画像データを保存する時に、類似したデータ同士をまとめる「クラスタリング処理」と、画像特徴量のデータをハードディスクドライブ(HDD)に保存する際の記録場所の最適化を行うことで、高速かつメモリ消費量を抑えた検索を可能にしたもの。これで、PCを用いて数百万件規模の画像データの中から類似した画像を検索した場合、1秒以内で検索することができる。

 映像検索にも適用することができ、例えば、1万時間分の映像の中から、好きな芸能人が出ているシーンを瞬時に検索するといった画像・映像検索アプリケーションを実現できるという。また、個人が撮影した画像・映像の管理にも効果的な技術であるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?