Asianuxコンソーシアムとベトナム科学技術省が協業--ベトナム国内でOSSを推進

CNET Japan Staff 2007年07月27日 21時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミラクル・リナックスと中国のレッドフラッグ、韓国のハーンソフトが協同で設立したAsianuxコンソーシアムは7月27日、ベトナム科学技術省(MOST)とベトナム国内におけるLinuxおよびオープンソースソフトウェア(OSS)の推進で協業することを発表した。

 この発表により、MOSTの支援のもとでベトナム企業の1社が4番目のメンバーとしてAsianuxコンソーシアムに参加する。このベトナム企業は、LinuxサーバOSの新バージョン「Asianux Server 3」のリリースまでにAsianuxコンソーシアムに加わる予定だ。一方、MOSTは、Asianuxアドバイザリーボードとその活動に参加する。

 さらにAsianuxコンソーシアムとMOSTが共同でOSS技術を開発し、ベトナム国内でLinuxを推進することを目的に「Asianux技術センター」を設立。技術トレーニングやサポート、最新技術のデモ、ISVへの移行サービスなどを展開する計画だ。

 ベトナム政府では、2004年にOSSを推進することを目的に「2004〜2008年のベトナムにおけるオープンソース・ソフトウェアの適用と開発」というマスタープランを発表。MOSTは、省庁、政府機関、省人民委員会および主要都市を調整して、プロジェクトの実施を取りまとめている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR