NEC、iDC市場向け「Express5800/iモデル」にクアッドコアCPU搭載製品を発売

CNET Japan Staff 2007年07月27日 21時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは、データセンター(iDC)市場向けラックサーバ「Express5800/iモデル」の新製品として「クアッドコア インテルXeonプロセッサー低電圧版」を搭載する「Express5800/i120Rg-1」を発表。販売活動を開始した。8月27日より出荷される。

 最新CPUの採用により、従来モデルと比べて約40%の性能向上を実現すると同時に、消費電力を約5%削減しているという。また、1Uサイズの筐体で3.5インチSATA、3.5インチSAS、2.5インチSASといった多様な形式のハードディスクを選択できる。NECでは、これらにより、高性能、省電力、多様なシステム構成への対応等が必要とされるiDC市場向けサーバとして、最適な製品であるとしている。

 Express5800/i120Rg-1は、クアッドコアXeonプロセッサー低電圧版L5310(1.60GHz)、1Gバイトメモリを搭載。ディスクレス構成で、価格は22万6000円(税別)より。

 また新製品の発売に伴い、NECでは、iDC/xSP事業者を対象とした「Express5800 iDCビジネスサポートセンター」の「導入前コンサルティングサービス」メニューを拡充した。ロケーションコスト低減やセキュリティ、運用管理面での最適化提案などのメニューを充実させているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!