NetBSD-currentのフルビルド時間を短縮したいが、機種選定について

OKWave 2007年08月02日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NetBSD-currentのフルビルド時間を短縮したいが、機種選定について

*BSD全般にいえますが、一応ここでは私がメインに使用しているNetBSDを前提とした質問ということで。

NetBSDのリポジトリにおいて、-currentが毎日刻々と更新されているわけですが、今までの開発マシンではもう忍耐の限界になり、クロスコンパイルマシンを別途用意しようと思っています。

現在のマシンはPen3-750[256KB cache]/320MBのノートです。 例:NetBSD-current/i386のbuild.sh releaseで12時間以上かかる(このカキコをしているWinマシンは別にあります。CeleronDのショボいタワー)

これでは話にならないのは明らかで、予算11万円を用意したのですが、
・UltraSPARC II 450MHz x 4 [4MB cache x 4]/4GB RAM/10000rpm 73GBx2 SCA と
・Athlon64 3500+[512KB cache]/2GB RAM/10000rpm 73GBx2 SCA→UW160変換

上記2候補を検討した場合、見た目のクロック周波数の差がやはりコンパイル時間に響いてくるのか、巨大なキャッシュやメモリ搭載量・SMPにモノを言わせた方がいいのか、ご教授いただけませんでしょうか。

当然 make -j 4 (build.sh -j 4)オプションを使うものとしましてご回答のほどお願いします。

※予算的にはUltraSPARCIIサーバの方が圧倒的に安いのですけれども。 (NetBSD/sparc64が現時点でSMP未対応ですので、Solaris 10or11上でクロスコンパイルということになるでしょうけれども。電気代についてはバイトでまかなうので、度外視してください。騒音も。)

良回答

この手の質問は、tech-misc-ja か、NetBSD Mailing List辺りのほうが、 良い回答が得られると思いますが、如何でしょう?
# 同様の悩みを持っている人が(過去)いた事がありますよ。 http://www.jp.netbsd.org/ja/JP/ml.html

回答

ご質問の意図とは違うかもしれませんが、、、。

distcc(gccのコンパイルを複数のマシンで分散しておこなう。)とか、 ccache(コンパイル結果をキャッシュして再利用する。)とか、 を検討すると良いかもしれません。(pkgsrcに入っています。) 使用用途から推測すると、「ccache」で劇的に構築時間が短縮されるかもしれません。

すでにご存知でしたらすみません。
http://www.otsune.com/bsd/ports/ccache_distcc.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?