traceroute の H! について

OKWave 2007年08月02日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
traceroute の H! について

ある特定のホストにtracerouteを行うと、

xxxx.xxxx.com (12.34.56.78)(H !) 0.181 ms (H !) 0.178 ms (H !) 0.207 ms

という応答が帰ってきました。

この(H !)というのはどういった意味を持っているのでしょうか?

ちなみに、他のホストに対してコマンドを発行した場合はH!は 出現しないようです。 ご存知の方いらっしゃったらお願い致します。

環境:FedoraCore5

良回答

こんにちは。

FedoraCore5 のtracerouteコマンドのソースを確認したけっか、 (H!)があることを確認しました。 (traceroute-1.0.4-1.2.src.rpm を入手して、ソースを確認)

[root@localhost traceroute-1.0.4]# ls
./ ../ COPYING.GPL ChangeLog Makefile README traceroute.1 traceroute.c* utils.c utils.h version.h


[root@localhost traceroute-1.0.4]# grep H! *
traceroute.c:646:                errstring = "H!";
traceroute.c:689:                errstring = "H!";

  644       case ICMP_UNREACH_TOSHOST:
  645       case ICMP_UNREACH_HOST_PRECEDENCE:
  646         errstring = "H!"; <------ ここ
  647         break;
  648
  649       case ICMP_UNREACH_PORT:
  650         /* we've reached the destintation host */
  651         errstring = 0;
  652         break;
  653
  654       case ICMP_UNREACH_PROTOCOL:
  655         errstring = "P!";
  656         break;

  687       case ICMP6_DST_UNREACH_BEYONDSCOPE:
  688       case ICMP6_DST_UNREACH_ADDR:
  689         errstring = "H!"; <------ ここ
  690         break;

case文の定数(ICMP_UNREACH_TOSHOSTなど) の意味は、 /usr/include/netinet/ip_icmp.hヘッダファイルに に定義されていますので、意味を確認して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR