SRA、実行基盤と開発基盤からなるSOA基盤の新版「ASIMA 2.0」を公開

田中好伸(編集部) 2007年08月02日 18時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SRAは8月2日、サービス指向アーキテクチャ(SOA)基盤「ASIMA」の新版となる2.0をオープンソースソフトウェア(OSS)として公開することを発表した。

 ASIMA 2.0は、SOAの実行基盤の「ASIMA SERVER」とSOAの開発基盤「ASIMA IDE」で構成されている。新版の2.0では以下のような改良を行っている。既存のコンポーネントについても最新版に更新しているという。

  • DIコンテナ「Apache Geronimo」採用でJ2EEの主機能を提供
  • Geronimo管理コンソールによる管理機能
  • Geronimoの、SOAを監視・管理する技術「Java Management Extensions」(JME)によるモニタリング機能
  • JavaとXML技術に基づいたWebサービスのフレームワークである「Axis2」採用で、性能向上とWebサービス記述言語「WSDL-2.0」への対応
  • 開発環境に「Eclipse 3.3」とJavaプロジェクト管理ツール「Maven 2.0」を採用

 OSSで構成されるASIMA 2.0は、年間サポート費用(税別)が1サーバあたり20万円と安価であり、SOAの各種標準機能を実装することで、SOAで問題となりやすい相互接続性を重視している。同社では今後、ビジネスプロセス管理(BPM)の導入、認証、ユーザー管理などのサービスを追加していくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?