フォトレポート:ハイテクを駆使する現代の「ゴーストハンター」たち

CNET News.com Staff 2007年08月13日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 歴史を通して、人類はその時代の最新技術を用い、死後の世界の存在を証明する、あるいは証拠をでっちあげる試みを繰り返してきた。1871年に撮影されたこの写真には、裕福な雑誌編集者とともに、当時すでに故人となっていた弟子の「魂」と称されるものが写っている。実はこの写真は、世界で初めてプロの幽霊写真家となったWilliam Mumler氏によって作成された合成画像で、「幽霊」の姿を写し込むために、複数回にわたり露出が施されている。Mumler氏の手がけた最も有名な写真は、米国大統領エイブラハム・リンカーンが、彼の暗殺後未亡人となった妻、メアリー・トッド・リンカーンの背後に立っているというものだ。Mumler氏がもてはやされたのは、19世紀中ごろから終わりにかけてのスピリチュアリズム隆盛の時期と重なっている。当時は降霊会を催すことが人気の娯楽として、裕福な人々の間で流行していた。しかし、死人と会話ができると主張していた霊媒師のほとんどは、後に偽者だったと暴露されている。一方、現代の「ゴーストハンター」たちは、こうした過去のインチキとは一線を画そうと努力を続けている(キャプション文:Elsa Wenzel)。
 歴史を通して、人類はその時代の最新技術を用い、死後の世界の存在を証明する、あるいは証拠をでっちあげる試みを繰り返してきた。1871年に撮影されたこの写真には、裕福な雑誌編集者とともに、当時すでに故人となっていた弟子の「魂」と称されるものが写っている。実はこの写真は、世界で初めてプロの幽霊写真家となったWilliam Mumler氏によって作成された合成画像で、「幽霊」の姿を写し込むために、複数回にわたり露出が施されている。Mumler氏の手がけた最も有名な写真は、米国大統領エイブラハム・リンカーンが、彼の暗殺後未亡人となった妻、メアリー・トッド・リンカーンの背後に立っているというものだ。Mumler氏がもてはやされたのは、19世紀中ごろから終わりにかけてのスピリチュアリズム隆盛の時期と重なっている。当時は降霊会を催すことが人気の娯楽として、裕福な人々の間で流行していた。しかし、死人と会話ができると主張していた霊媒師のほとんどは、後に偽者だったと暴露されている。一方、現代の「ゴーストハンター」たちは、こうした過去のインチキとは一線を画そうと努力を続けている(キャプション文:Elsa Wenzel)。

 歴史を通して、人類はその時代の最新技術を用い、死後の世界の存在を証明する、あるいは証拠をでっちあげる試みを繰り返してきた。1871年に撮影されたこの写真には、裕福な雑誌編集者とともに、当時すでに故人となっていた弟子の「魂」と称されるものが写っている。実はこの写真は、世界で初めてプロの幽霊写真家となったWilliam Mumler氏によって作成された合成画像で、「幽霊」の姿を写し込むために、複数回にわたり露出が施されている。Mumler氏の手がけた最も有名な写真は、米国大統領エイブラハム・リンカーンが、彼の暗殺後未亡人となった妻、メアリー・トッド・リンカーンの背後に立っているというものだ。Mumler氏がもてはやされたのは、19世紀中ごろから終わりにかけてのスピリチュアリズム隆盛の時期と重なっている。当時は降霊会を催すことが人気の娯楽として、裕福な人々の間で流行していた。しかし、死人と会話ができると主張していた霊媒師のほとんどは、後に偽者だったと暴露されている。一方、現代の「ゴーストハンター」たちは、こうした過去のインチキとは一線を画そうと努力を続けている(キャプション文:Elsa Wenzel)。

提供:Wm. B. Becker collection/American Museum of Photography

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR