日本HP、2ソケット/2Uのラックマウント型サーバー

WebBCN (BCN) 2007年08月06日 11時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小田晋吾代表取締役社長執行役員) は8月3日、x86サーバー「HP ProLiant」シリーズの新製品として「HP ProLiant DL180」2機種を8月中旬に発売すると発表した。

 「HP ProLiant DL180」は、最大2基のプロセッサを搭載できる、高さ約8.6cmの「2U」のラックマウント型サーバー。基本機能に特化することで開発コス トを抑えた。3.5インチHDDを最大8基搭載でき、SASを最大2.4TB、またはSATAのHDDを最大6TBまで搭載可能。RAIDコントローラーを標準で装備し、サーバー の遠隔管理機能「Lights-Out100」に対応するなど、充実した管理機能を備え る。

 同製品は東京昭島事業所でのフルカスタマイズCTOの対応製品で、8月9日か ら日本での生産も開始する予定。税別価格は19万8450円から。デュアルコア Xeon搭載モデルは18万円台、4コアのクアッドコアモデルは26万円台で提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?