カネ、ヒト、時間いらずのIT内部統制--最終章:すでにあるPCをActive Directoryに登録する(操作編)

木村尚義 2007年08月07日 14時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 前回の“準備編”に引き続き、今回は実際に「DNSとDHCPの変更」「フォルダリダイレクト」「ファイルと設定の転送ウィザード」「PCをActive Directoryに登録」「ファイルと設定の転送ウィザード(復元)」といった手順に沿って、各作業を行うための操作方法を解説する。必要に応じて、前回の準備編の記事も参照してほしい。
【DNSとDHCPの変更 手順1/7】
 ドメインコントローラにログオンし[サーバーの役割管理]メニューで[このDNSサーバーを管理する] をクリックする。(画像をクリックすると、次のページへ進みます)
 前回の“準備編”に引き続き、今回は実際に「DNSとDHCPの変更」「フォルダリダイレクト」「ファイルと設定の転送ウィザード」「PCをActive Directoryに登録」「ファイルと設定の転送ウィザード(復元)」といった手順に沿って、各作業を行うための操作方法を解説する。必要に応じて、前回の準備編の記事も参照してほしい。
【DNSとDHCPの変更 手順1/7】
 ドメインコントローラにログオンし[サーバーの役割管理]メニューで[このDNSサーバーを管理する] をクリックする。(画像をクリックすると、次のページへ進みます)

 前回の“準備編”に引き続き、今回は実際に「DNSとDHCPの変更」「フォルダリダイレクト」「ファイルと設定の転送ウィザード」「PCをActive Directoryに登録」「ファイルと設定の転送ウィザード(復元)」といった手順に沿って、各作業を行うための操作方法を解説する。必要に応じて、前回の準備編の記事も参照してほしい。

【DNSとDHCPの変更 手順1/7】

 ドメインコントローラにログオンし[サーバーの役割管理]メニューで[このDNSサーバーを管理する] をクリックする。(画像をクリックすると、次のページへ進みます)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR