セールスフォースCOOが退職--新興企業キャッシュロジックのCEOに就任

文:Natasha Lomas(Special to CNET News.com) 翻訳校正:藤原聡美、福岡洋一 2007年08月08日 18時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Phill Robinson氏がSalesforce.comを去り、ウェブ関連の新興企業の指揮を執ることになった。Robinson氏は、2003年にSalesforceに加わって以来、「サービスとしてのソフトウェア」(SaaS)型の顧客関係管理(CRM)を専門とする同社で、いくつかの上級管理職を歴任してきた。Robinson氏はSalesforceで、最高マーケティング責任者(CMO)に就任した後、販売およびディストリビューション担当の最高執行責任者(COO)を務めていた。Robinson氏は今後、オンラインコンテンツ配信企業のCacheLogicで最高経営責任者(CEO)に就任する。

 辞任直前までのRobinson氏は、SalesforceのCOOとして、販売戦略の開発および展開の責任を負っていた。それ以前はCMOとして、Salesforceがサービス停止状態に陥ったとき、その後の処理を担った。CacheLogicは、ビデオオンデマンドのような、オンラインのリッチメディア向けのコンテンツ配信ネットワークサービスを提供する企業だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから