アイエニウェアがGISのコボプランを買収--日本の技術をグローバルに展開も

CNET Japan Staff 2007年07月05日 23時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイエニウェア・ソリューションズは7月5日、大阪府大阪市に本拠地を置くGIS(地理情報)ソフトウェア企業であるコボプラン買収することで合意したことを発表した。

 買収は、アイエニウェア経由でiAnywhere Solutions米国本社の親会社であるSybaseがコボプランを吸収分割方式により買収。アイエニウェアの組織に統合。今後両社の株主による承認の後、8月末ごろに買収の手続きを完了する予定だ。

 コボプランは、官庁、自治体の施設、用地、道路管理や都市計画、河川工事向けのシステムで実績を持つGISソフトウェア企業。これまで両社は、アイエニウェアの「SQL Anywhere」が、コボプランのGISソフトウェアパッケージ「Maplet」の地図の属性情報管理用RDBMSに採用されたことをきっかけに協業関係にあった。

 今後は、さらにコボプランのGISエンジンとアイエニウェアの組込み用自然言語解釈エンジン「Answers Anywhere」やコンテンツプッシュ型ウェブソリューション「M-Business Anywhere」、SQL Anywhere、RFID Anywhereなどの製品を組み合わせる計画。

 日本市場に根ざした戦略を展開することはもちろん、将来的には米国本社の販売力を利用してグローバルに拡販することも検討している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?